【認知症の対応】作り話をする時

フクシ

✅介護歴15年以上の現役生活相談員
✅資格はケアマネジャーと介護福祉士を所持
✅累計1,000組以上の介護でお困りのご家族からのご相談を受けています
✅地域の方に向けた介護についての講演会をした経験があります

 

ご家族

母さんまた財布なくしたの?

最近よくなくすよね。

…えっ?

義理の母に盗られた?

おばあちゃんもう亡くなってるのに何言ってんの?

 

フクシ

こんにちは。

フクシ(@ryusukefukushi)です。

今回は認知症になった方の症状の事例と、

その対応方法をまとめてましたのでご覧ください。

実際行った私の経験談もあります

 

認知症の概要はコチラ
認知症についてわかりやすく解説します

この記事で解決できるお悩み 認知症とは何か 認知症による具体的な障害 認知症は治るのか 認知症はどんな種類があるか 認知症になった方への接し方 ご家族を介護する時、忘れないで欲しいこと   ...

続きを見る

 

事例「幻覚・妄想③ 作り話をする時」

 

アルツハイマー型認知症の比較的初期に現れる症状の中に「作り話をする」ことがあります。

 

作り話しをする原因

 

原因としては、

 

 

  • 記憶障害によって過去の記憶が断片的にしか思い出せないため、

 

  1. 欠落した記憶を過去に体験した違うエピソードと組み合わせてお話ししてしまう
  2. 欠落した記憶を願望や空想が混ざり、自分が本当に体験したと思ってお話ししてしまう

 

 

などが挙げられます。

 

悪気はなく強く思い込んでしまう

 

どちらにも言えることはご本人は嘘をついているとか相手を騙そうとしているなどの悪気はなく、本当に体験したと思い込んでしまっています。

 

そのためウソをついてる様子は見られず、真顔で仰ることが多いです。

 

実際経験した話し

 

ちなみに私が働いている施設でもご利用者が、

「昨日の夜あいつ(違うご利用者)が部屋に入ってきて、タンスから財布を持って行った」

と仰ることがありました。

 

夜勤者に確認しますと、どちらのご利用者もぐっすり眠られていましたし、そもそも財布を持ってきていないとのことでした。

 

突拍子のないことを言う時も

 

他にあったのが、

「社長が来た。私は処刑されるから最後に息子に合わせて欲しい」

なんて突拍子のないことを真顔で仰ったりしたことがありました。

 

その時ご本人は息子様にも同様のメールを打たれていて、

「そんなことないですよね?」

と息子様から念のため聞かれたのですが、もちろんそのような事実は全くないため、強く否定しました。

 

NGな対応

 

では実際、

認知症になったご家族が作り話をする時のやってはいけないNGな対応ですが、

 

 

  • 「嘘つなかいで」、「そんなわけない」と否定する
  • 「それは思い込みだよ」と説得する

 

 

というような対応をすることです。

 

なぜこの対応がいけないのか

 

原因でも挙げたようにさまざまな理由で作り話をされますが、良くないのは相手を忘れた時の対応と同じように、否定的な対応をしてしまうことです。

 

認知症は脳が萎縮し、症状が進行しても自尊心や感情は残っていたりします。

 

そこで否定的な対応をすると相手に過度なストレスを与えてしまい、認知症が進行してしまう可能性があります。

 

また、「娘が毒を飲ませようとした」、「山に連れて行かれ捨てられそうになった」などやや無理があるエピソードでもご本人にとってはそれが正しい記憶になってしまっているので、説得するのも逆効果になります。

 

相手を忘れた時の対応についてはコチラ
【認知症の対応】相手を忘れた時

この記事で解決できるお悩み 認知症によって相手を忘れてしまう原因 相手を忘れた時にやってはいけない対応 相手を忘れた時にやってみて欲しい対応 ご家族を介護する時、忘れないで欲しいこと   ご ...

続きを見る

 

ご家族

でも事実と違うことを言われても戸惑っちゃうよね〜。

どうしたらいいの?

 

OKな対応

 

フクシ

主な対応方法ですが次の通りになります。

私が働いている介護施設でも、同じ対応をしています。

これでご本人が傷付かない対応ができますよ!

 

では逆にどのような対応をするとOKなのかと言いますと、

 

 

  • 「そうなんですか」、「大変でしたね」と受け入れ話しを聞く
  • 「困ったことがあったら言ってくださいね」と自分は味方であると思ってもらう

 

 

となります。

 

なぜこの対応がふさわしいのか

 

まずは否定せず話しを受け入れ、最後まで聞くことが大事です。

 

また、ご本人に安心感を持ってもらえるよう、自分は味方であるとアピールするのも良いですね。

 

なぜなら加齢や認知症の症状が進行すると孤独なお気持ちになられる方が多いためです。

 

それは親族や友達が亡くなられたりすると、

「次は自分かも」

と思ってしまうことが原因として考えられます。

 

認知症の対応も大事ですが

 

認知症は病気のひとつです。

 

毎回同じ対応をするのは正直ストレスがたまるかもしれませんが、認知症になったご本人も混乱しています。

 

大事なのは相手にストレスや負担を最小限にすることです。

 

ですが、やはり私は介護をする方のストレスや負担も最小限にして欲しいと思います。

 

フクシ

認知症の方の対応で疲れた方はあまりためこまず、

ご家族や地域包括支援センターやケアマネジャーなどに相談してひとりで抱え込まないでくださいね

 

まとめ

 

 

  • アルツハイマー型認知症の比較的初期に現れる症状の中に「作り話をする」ことがある
  • 「嘘つなかいで」と否定したり、「それは思い込みだよ」と説得するのは控える
  • 「そうなんですか」、「大変でしたね」と受け入れ話しを聞く
  • 「困ったことがあったら言ってくださいね」と自分は味方であると思ってもらう
  • 介護をするご家族は認知症の方の対応でストレスがたまりやすいので他のご家族や機関に相談してひとりで抱え込まないでください

 

 

となります。

 

介護はやはりストレスがたまりますよね。

 

私は介護の仕事を10数年していますが今でも精神的に疲れる時がたくさんあります。

 

なので自分を犠牲にしないで無理せず対応してくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フクシ

✅介護歴15年以上の現役生活相談員
✅資格はケアマネジャーと介護福祉士を所持
✅累計1,000組以上の介護でお困りのご家族からのご相談を受けています
✅地域の方に向けた介護についての講演会をした経験があります

-認知症の対応

©︎ 2022 介護コンパス All Rights Reserved.