【累計1,000人以上の高齢者から学んだ認知症の対応】収集癖がある時

フクシ

✅介護歴15年以上の現役生活相談員
✅資格はケアマネジャーと介護福祉士を所持
✅累計1,000組以上の介護でお困りのご家族からのご相談を受けています
✅地域の方に向けた介護についての講演会をした経験があります

スポンサーリンク

 

ご家族

母さんまたティッシュ集めてるの?

それゴミだから捨ててよぉ。

 

フクシ

こんにちは。

フクシ(@ryusukefukushi)です。

今回は認知症になった方の症状の事例と、

その対応方法をまとめてましたのでご覧ください。

実際行った私の経験談もあります

 

認知症の概要はコチラ
【スグわかる!】認知症についてわかりやすく解説します。ー認知症とはー

スポンサーリンク この記事で解決できるお悩み 認知症とは何か 認知症による具体的な障害 認知症は治るのか 認知症はどんな種類があるか 認知症になった方への接し方 ご家族を介護する時、忘れないで欲しいこ ...

続きを見る

 

また、老人ホーム入居を検討している方はコチラもご覧ください。

あわせて読みたい
【おすすめ老人ホーム検索サイト】現役生活相談員が実際に利用した3つのサイトを徹底比較!

この記事で解決できるお悩み 老人ホーム検索サイトのそれぞれの違いを知りたい LIFULL介護の特徴は? かいごDBはどんな人におすすめ? シニアのあんしん相談室の独自のサービスは? ひとつに絞るならど ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

事例「行動① 収集癖がある時」

 

認知症の症状の進行に伴って、他人から見たら明らかに不要な物でもかまわず集めてしまう時があります。

 

よく収集される物

 

まずは認知症の方がよく集めて来られる者が、

 

  • ティッシュ
  • 箸(割り箸が多い)
  • 器(使い捨ての容器が多い)
  • コップ(紙コップも含まれる)

 

など、生活必需品が多いです。

 

何が問題なのか

 

ではこれがなんの問題があるのかと言いますと、認知症の方は使用済みで不要になったティッシュや割り箸など、

 

ゴミと言える物でもかまわず集めてしまうことです。

 

よくテレビやネットのニュースで高齢者のゴミ屋敷問題が取り上げられることがありますよね。

 

収集癖の最たるケースがゴミ屋敷のように世間ではゴミだと思っていても、ご本人にとってはどれも必要な物という価値観のズレから社会的な問題になってしまうことがあります。

 

収集癖が出る原因

 

では、収集癖が出てしまう原因ですが、

 

 

  • すでにあるのに忘れてしまう
  • もったいないと思い集めてしまう
  • ないと不安なので集めてしまう
  • 不安やさみしさを紛らわしたい

 

 

などが挙げられます。

 

すでにあることを忘れてしまう

 

認知症の症状が進行すると、記憶障害によって前後の記憶が曖昧になっていきます。

 

なのでティッシュやお箸をストックしていてもそれを忘れて、

「ティッシュを持って帰らなきゃ」

と持って帰られることがあります。

 

もったいないと思ってしまう

 

使い捨ての容器や粗大ゴミとして捨ててある家電などを、

「もったいない。まだ使えそう」

と思い込んでしまい持って帰られます。

 

ですが、有効活用できずに結局溜まりっぱなしになることが多いです。

 

ないと不安に感じてしまう

 

認知症の方に限らず生活必需品はある程度ストックがないと落ち着かない方がいらっしゃいます。

 

ちなみに私の家もティッシュやトイレットペーパーは残り3個に切ったら買うようにしていますが、地震が起きたりコロナウイルスが流行るとスーパーの在庫切れが嫌で買ってしまいます。

 

認知症の方は、

「なくなったら危ない」

と感じて溜め込むことがあります。

 

不安やさみしさを紛らわしたい

 

他にも、

「家族が近くにいなくて不安」

「近所の友達が亡くなったのでさみしい」

という理由から落ち込んでいくのを紛らわすために物を溜め込んで気持ちを埋める方もいらっしゃいます。

 

実際経験した話し

 

ちなみに私が働いている施設でもティッシュとペーパータオルを使っても洗って干して溜め込まれる方がいらっしゃいます。

 

その度に後述するOKな対応をしています。

 

NGな対応

 

では実際、認知症になって物をかまわず収集する時にやってはいけないNGな対応ですが、

 

 

  • 「汚いよ」、「もうやめてよ」と否定的な対応をする
  • 無理矢理、または勝手に捨てる

 

 

というような対応をすることです。

 

なぜこの対応がいけないのか

 

原因でも挙げたようにさまざまな理由で物を収集してしまいますが、良くないのは相手を忘れた時の対応と同じように、否定的な対応をしてしまうことです。

 

認知症は脳が萎縮し、症状が進行しても自尊心や感情は残っています。

 

そこで否定的な対応をすると相手に過度なストレスを与えてしまって、認知症が進行してしまう可能性があります。

 

相手を忘れた時の対応についてはコチラ
【認知症の対応】相手を忘れた時

スポンサーリンク   この記事で解決できるお悩み 認知症によって相手を忘れてしまう原因 相手を忘れた時にやってはいけない対応 相手を忘れた時にやってみて欲しい対応 ご家族を介護する時、忘れな ...

続きを見る

 

無理矢理、または勝手に捨てるのも良くない

 

かと言って「汚いから」、「自分はいらないから」という理由で無理矢理捨てたり、不在時に勝手に捨てるのも良くないです。

 

なぜなら私たちにとってはゴミ同然かもしれませんがご本人にとっては宝物だからです。

 

なのでこちらの都合だけで捨ててしまうと、

「勝手に捨てられた」

「あいつらが盗んだ」

と被害妄想やもの盗られ妄想に発展することがありますし、

「またなくならないように集めよう」

と収集癖がさらに加速的に進むことがあります。

 

どうしても処分したい場合

 

ご家族

とはいえ汚いよねぇ。

どうしても捨てたいんだけど…

 

とお困りの場合は慎重に処分するのが良いです。

 

ご本人が気づかない場所から少しずつ、代わりの新しい物を置きながら処分するのが良いでしょう。

 

ご家族

家も汚くなるし、

本当にやめて欲しいんだけどねぇ…。

どうしたらいいんだろう…

 

OKな対応

 

フクシ

主な対応方法ですが次の通りになります。

まずは否定せずに満足感を引き出すことが大切です

 

では逆にどのような対応をするとOKなのかと言いますと、

 

 

  • 否定しない
  • 目に見えるところにたくさんストックを置く
  • やりがいを探す

 

 

となります。

 

なぜこの対応がふさわしいのか

 

まずは私たちにとって不要な物を収集されるため、ストレスが溜まるかもしれませんが、否定せず、

「よく集めたね」

「これで安心だね」

と、労うと良いです。

 

前述したとおり私たちにとってはゴミでもご本人にとっては宝物だからです。

 

肯定してご本人に満足感を与えると良いですよ。

 

たくさんあることを視覚で訴える

 

また、ご本人が収集するのがティッシュなら新しいポケットティッシュやティッシュケース、使い捨ての容器なら使い捨て容器や割り箸など、少し費用はかかりますが、新品を用意してご本人の目に見える場所に置いておくのも良いです。

 

他にもポケットに物を入れる方だったらポケットにタオルハンカチなどをたくさん詰めておくと、

 

ご本人の目に見えるところに集めたい物がたくさんあるから安心。という満足感を与えることで収集癖がなくなるケースもあります。

 

やりがいを探す

 

あとはご本人が不安やさみしさを紛らわすために集めている可能性があるので、話す時間を増やしたりデイサービスや近所のサロンを利用するなど心の拠り所を作り、そこからやりがいに繋げることも良いでしょう。

 

何もすることがなくて物を収集することがありますので、ご家族が無理しない範囲で対応してみてください。

 

認知症の対応も大事ですが

 

認知症は病気のひとつです。

 

毎回同じ対応をするのは正直ストレスがたまるかもしれませんが、認知症になったご本人も混乱しています。

 

大事なのはご本人のストレスや負担を最小限にすることです。

 

ですが、やはり私は介護をする方のストレスや負担も最小限にして欲しいと思います。

 

フクシ

認知症の方の対応で疲れた方はあまりためこまず、

ご家族や地域包括支援センターやケアマネジャーなどに相談してひとりで抱え込まないでくださいね

 

また、介護保険の申請から老人ホーム入居まで負担をかけたくない方はコチラもご覧ください。

あわせて読みたい
【ご案内】〜スグわかる!後悔しない家族の介護〜家族の介護は楽に安くしましょう!

目次将来、介護で悩む前に…急な介護は実はよくある介護の知識がないとどうなる?今や社会問題となっている! 「介護離職」『スグわかる! 後悔しない家族の介護』です。コレは何?!電子書籍の詳細コレさえ読めば ...

続きを見る

 

まとめ

ココがポイント

  • 認知症の症状の進行に伴い、収集癖が出ることがある
  • 周りからするとゴミでもご本人にとっては宝物であることが多い
  • 否定的な対応は控える
  • 処分する際は慎重にする
  • 否定せず満足感を与える
  • 目に見える場所にストックを置く
  • やりがいを探す
  • 介護をするご家族は認知症の方の対応でストレスがたまりやすいので他のご家族や機関に相談してひとりで抱え込まないでください

 

となります。

 

介護はやはりストレスがたまりますよね。

 

私は介護の仕事を10数年していますが今でも精神的に疲れる時がたくさんあります。

 

なので自分を犠牲にしないで無理せず対応してくださいね。

 

スポンサーリンク

ご家族

親の介護疲れた!

もう限界!

どこかに良い老人ホームないの?!

 

とお困りの方は、老人ホームの資料請求から見学、入居までのステップを無料で一緒に考えてくれるサービスがあります!

 

その中でも安心できるおすすめサイトをまとめましたので、お一人で悩む前にまずはチェックしてご相談を検討してみてください。

 

あわせて読みたい
【おすすめ老人ホーム検索サイト】現役生活相談員が実際に利用した3つのサイトを徹底比較!

この記事で解決できるお悩み 老人ホーム検索サイトのそれぞれの違いを知りたい LIFULL介護の特徴は? かいごDBはどんな人におすすめ? シニアのあんしん相談室の独自のサービスは? ひとつに絞るならど ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フクシ

✅介護歴15年以上の現役生活相談員
✅資格はケアマネジャーと介護福祉士を所持
✅累計1,000組以上の介護でお困りのご家族からのご相談を受けています
✅地域の方に向けた介護についての講演会をした経験があります

-認知症の対応

©︎ 2022 介護コンパス All Rights Reserved.