介護職の労働環境

資格コンプレックス-前編ー

福士

現役介護士兼介護ブロガーです。 資格は介護福祉士とケアマネジャーを持っています。 将来の家族の介護に備えるための情報を発信しています。

ごあいさつ

 

こんにちは。

 

福士(@ryusukefukushi)です。

 

今日は介護をしている資格についてのお話しです。

 

▼家族の介護に役立つ情報発信してます▼

介護資格の取得の流れ

 

介護の仕事は一応無資格でもできます。

 

ですが、資格を取った方が手当が付くので、大体の方が「介護職員初任者研修」という資格を受講して取得します。

 

その後、3年の実務経験を得た職員は、さらなる向上を目指す方は、「初任者研修」の上位に当たる「介護職員実務者研修」を受講し、「介護福祉士」という国家資格を目指します。

 

そこまでいくと介護職員としては主力中の主力。「免許皆伝」レベルまで達します。

 

そこからは民間資格ではありますが、「介護福祉士」の上位資格である「認定介護福祉士」を目指す方もいらっしゃれば、「ケアマネジャー」を取って介護の実務から離れてマネジメント側にまわる資格を目指す方もいらっしゃいます。

 

ちなみに私は「介護福祉士」を取った後、腰痛に悩まされていたこともあって実務から離れても働けるようにと、「ケアマネジャー」を取る道を選びました。

 

あと、夜勤が眠い…

 

病院では?

 

一方病院など医療系ですと、

 

「医師」を頂点に、

 

「正看護師」

 

>「薬剤師」

 

>「准看護師」、「理学療法士」、「作業療法士」、「診療放射線技師」

 

>「管理栄養士」、「社会福祉士」、「臨床心理士」、「精神保険福祉士」

 

>「看護助手」、「介護士」、「医療事務」

 

と言った具合に見事なまでの「資格ピラミッド」があります。

 

介護は「初任者」でも「介護福祉士」でも、「介護士」くくりに入ってしまいます。

 

この理由としては、「正看護師」以下は「診療放射線技師」を除き、この業務はこの資格の人しかできない。という業務独占資格がなく、「正看護師」を取ってしまえば「正看護師」が全部の業務をこなすことができるからです。

 

逆に「理学療法士」や「介護士」、「医療事務」は「正看護師」の仕事はできません。

 

なのでこのような資格ピラミッドができてしまうんですねぇ。

 

コンプレックスが生まれやすい⁈

 

そこで介護施設で働く介護職員では少ないのですが、病院で働く介護職員はいわゆる「資格コンプレックス」を持った方がたまにいらっしゃいます。

 

「初任者」から「介護福祉士」を取っても病院では結局「介護士」からは変わらない。できる仕事も限られている。おれたちって一体なんなの?

 

という方です。

 

私の意見としては、たしかにそのコンプレックスを持つ方のお気持ちはすごくわかります。

 

病院だと、患者やご利用者にできる仕事が「正看護師」や他資格と比べて限られますし、現場で年収800万以上稼ぐ「正看護師」はいても、「介護福祉士」はきっといないです。(いたらごめんなさい)

 

それぐらい患者やご利用者に求められる命の責任の重さが違います。

 

ですからそのような相談をされた時は、

 

なぜ自分は介護の仕事をしようと思ったのか。

 

この仕事をして何がしたいのか。

 

初心の気持ちがブレないようにしてください。

 

とお話ししています。

 

人を助ける。と、人を幸せにする。は似ているようで似ていないと私は思います。

 

「医師」や「看護師」の対応によって助かる人はたくさんいますし、「介護士」の対応によって心が助かり、幸せな気持ちになる人もまた、たくさんいると思います。

 

病院では緊急時以外は「介護士」が対応することもたくさんありますので、病院だとこの仕事をして患者やご利用者を生活しやすい、限られた中でもそれなりの幸せを感じてもらえる環境を作れるはずです。

 

だから介護の仕事を通じて人と関わりたい、支えたいと思った方はその気持ちを忘れず人を幸せにして欲しいと思いますね。

 

要は自信と誇りは失わないで欲しいですね。

 

まとめ

 

 

1.介護の資格は「介護職員初任者研修」から始まり、「介護職員実務者研修」、「介護福祉士」、「認定介護福祉士」、「ケアマネジャー」がある。

 

2.病院は「医師」を頂点とした「資格ピラミッド」がある。

 

3.「資格コンプレックス」を感じても、自信と誇りは失わないでください。

 

 

以上です。

 

これからも一緒に支え合いましょうね。

 

次回に続く。

 

ではまた。


現在、将来の家族の介護に備えるための情報を公式LINEで発信しています。

 

もし、あなたの家族に介護が必要になった場合、どの介護サービスが適切か。などの診断を気軽にゲーム感覚でできますので、是非やってみてください。

 

▼無料プレゼントもあります▼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

福士

現役介護士兼介護ブロガーです。 資格は介護福祉士とケアマネジャーを持っています。 将来の家族の介護に備えるための情報を発信しています。

-介護職の労働環境

© 2021 福士の介護BLOG Powered by AFFINGER5