介護コラム

落ち込んだ時言われて立ち直った一言

福士

現役介護士兼介護ブロガーです。 資格は介護福祉士とケアマネジャーを持っています。 将来の家族の介護に備えるための情報を発信しています。

ごあいさつ

 

こんにちは。

 

福士(@ryusukefukushi)です。

 

世間では男性を男らしい人とそうでない人の2種類のタイプ別に分類する傾向があって、例えば体育会系と文化会系、肉食系と草食系、アウトドア派とインドア派などさまざまな分けられ方をするのですが、その中の1つに硬派と軟派があります。

 

私は良いのか悪いのかいずれの分類も全て後者の方なのですがやはり硬派に憧れている部分もあって、40代に突入した今でも男らしくカッコ良くありたい気持ちがあります。

 

▼家族の介護に役立つ情報発信してます▼

グループホームに来られるご家族に…

 

私がグループホームで働いていた時、ある女性のご利用者の旦那様が週に1回面会に来られていました。

 

 その方は若い時は大工の仕事をされていて一見ワイルドな風貌なのですが奥様であるご利用者に対しては優しさや気配りもしつつ照れ隠しのようなやや冷たい返答をする一方で、我々職員にはとても紳士的な対応をしてくださり

この人男らしくてカッコ良いなぁ。昔は絶対モテただろうなぁ

と思ってしまうほどの方でした。

 

 ある日、私がプライベートで彼女にフラれてしまいかなり落ち込んだ状態で出勤しました。

 

他の方には気づかれないよう努めて明るく業務に集中していたのですが、ちょっと1人になりたいと思いグループホームの外にある喫煙スペースの掃除をしに行くと、その旦那様がいらっしゃっいました。

 

すると、

「いつも嫁が迷惑かけてるね。ありがとう」

と言ってくださりそこから少し会話をしていていたのですが途中で、

「元気かい?なんかいつもと違うような」

と痛いところを突かれました。

 

いやぁ、お恥ずかしながら昨日彼女にフラれてしまったんですよ

と返答しました。

 

すると、おもむろにご自身の左手の薬指を私に見せてくれました。その薬指は大工の仕事中に事故でが欠けていて、もうそれ以上爪が伸びない状態でした。

 

痛そうですね。大丈夫ですか?

と驚いた私は質問したのですがそこで旦那様は、

「いやぁ、欠けた当初は痛くて落ち込んだりもしたけどね。まぁ、今となっては何も思わないよ」

と笑いながら私に話してくれました。

 

人間死ぬこと以外は…

 

さらにそこで彼は、

「人間生きてたら傷つくことなんていっぱいあるかもしれないけれどね。時間が経てば大丈夫。『人間死ぬこと以外はかすり傷』みたいなもんだよ」

 

と優しく助言してくれました。会話中に私がいつもの雰囲気と違うのを察知して事故で爪が欠けた指を見せてくれたのでした。

 

す、すごい

 私は驚きとその方の優しさと心配りに胸を打たれました。

 

 ある意味ご自身の身体を張って私を元気づけようとしてくれたこの旦那様の心意気に、

絶対応えなくてはならない

と強く奮起して仕事に戻りました。

 

「あんた掃除するのにどんだけ時間かかってんのよ」

とその後、上司にこっぴどく怒られてしまいましたが、私にとってはまた人生に多大な良い影響を与える出来事であり、有意義な時間となりました。(職員の皆様はごめんなさい)

 

人生山あり谷あり

 

 人間やはり良いこともあれば悪いこともあって、悪いことがあるとついつい悩んだり落ち込んだりしてしまいますが時が経てばその傷も癒えることがほとんどです。

 

 仕事やプライベートでどんなに落ち込んでも大抵のことはいずれ「かすり傷」程度に回復することがほとんどです

 

 起こったことをグチグチ悩まず、この旦那様のように笑って話せるぐらい前に進んでいかないといけないなと思いました。

 

っていうかこんな高齢者になりたい‼️カッコ良すぎる‼️

 

ではまた。


現在、将来の家族の介護に備えるための情報を公式LINEで発信しています。

 

もし、あなたの家族に介護が必要になった場合、どの介護サービスが適切か。などの診断を気軽にゲーム感覚でできますので、是非やってみてください。

 

▼無料プレゼントもあります▼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

福士

現役介護士兼介護ブロガーです。 資格は介護福祉士とケアマネジャーを持っています。 将来の家族の介護に備えるための情報を発信しています。

-介護コラム

© 2021 福士の介護BLOG Powered by AFFINGER5