自分について

元サレ夫の独り言⑤

福士

現役介護士兼介護ブロガーです。 資格は介護福祉士とケアマネジャーを持っています。 将来の家族の介護に備えるための情報を発信しています。

ごあいさつ

 

こんにちは。

 

福士(@ryusukefukushi)です。

 

前回は探偵に自宅で妻と不倫相手が出入りしているところを2回写真に収めてもらったところまでお話ししました。

 

実はこの頃、晩御飯のおかずに出てきた肉じゃががやけに苦いなと思ってよく見たらタバコの吸い殻の黒い液体を入れられたことがありました。

 

妻と不倫相手の男は結構私を殺しにかかってきていました。本当に人間不信になりかけました💧では、配偶者の不倫を疑っている方は参考にどうぞ(笑)

 

前回はコチラ
元サレ夫の独り言④

Contents1 ごあいさつ2 調査期間中の注意事項3 プロの調査の手際4 2016年4月4日 ごあいさつ   こんにちは。   福士(@ryusukefukushi)です。 & ...

続きを見る

 

▼家族の介護に役立つ情報発信してます▼

探偵と一緒に

 

千葉の探偵事務所に着いた私は田中(仮名)さんの報告を待っていた。

 

「福士さんお待たせしました!今日は午後弁護士事務所ですもんね?長丁場になりますが、よろしくお願いします」

 

田中(仮名)さんが颯爽と現れる。今日は携帯電話を操作してはいなかった。

 

「では早速報告したいのですが、DVDに焼いたのでこちらと報告書を一緒に見ましょう」

 

と言われ報告書を受け取る。報告書は1ページに3枚写真と文章があり、約20ページほどの厚みがあった。

 

「では映像流しますね。気になるところがあったら止めてください」

「わかりました」

 

…。ゴクッ…。

 

思わず息を飲む…。

 

初めて妻の不倫を可視化できる。ということはついに不倫相手の顔を拝むことができるのだ。今までにない緊張感が走る。果たしてどんな男だろう。

 

調査報告。そして驚愕。

 

千葉県の探偵事務所で私は静かにテレビ画面を見た。暗い画面からうっすらと、

「浮気調査報告2016年3月16日、20日」

と浮かび上がる。

そこから「3月16日21:06 合流」など、

日時とその時の映像が流れてとてもわかりやすくなっていた。

 

そしていよいよ、

「3月16日 22:09 福士様自宅」

の表示と一緒に妻と男が映し出された。

 

実際の映像

 

「おおっ…」

暗くても暗視カメラで撮られていて、とても鮮明に映った。これなら証拠として充分だ。

 

ほっとひと安心しながらも、いつもの見慣れた家に見慣れない男が妻と入っていく。

「次は朝になります。不倫相手の顔がはっきりとわかりますよ」

田中(仮名)さんに説明され、

思わず食い入る。

 

…朝、

「3月17日 08:03 福士様自宅」

玄関の扉が開き、男が妻と一緒に出てきた。不倫相手の顔を確認する。

 

…。「えっ…!」

思わず声をあげる。

 

すると田中(仮名)さんは一時停止ボタンを押した。

「福士さん!どうしました?まさか知ってる顔ですか??」

 

初めて見た不倫相手の男…。

の顔…。

…。

「あの、その、不倫相手の男、…あまりカッコよくないような…」

 

…。そう。

妻の不倫相手は超ブサイクだった…。

 

さらにデブだった…。

 

私はこんな男に妻を取られたのか…。不倫されたのもショックだが、せめてそれなりにイケメンであればまだ納得できた。

 

こんな男に…、このショック具合。

 

…言葉が出ない…。

 

「いや、私も正直びっくりしました。実は不倫相手の容姿が配偶者より劣っていることってよくあるんですよ。ですが、これは本っ当にひどかったです。

 

映像を何度確認しても彼の良さが見当たりませんでした。福士さんの方が絶対良い男ですよ!」

 

なんか田中(仮名)さんのフォローが泣けてきた。主観だけで私より彼の方がブサイクとか言ってるとちょっと恥ずかしかったが、

 

お世辞かもしれないが第3者からこう言ってもらえてなぜか安心した自分がいた。そこから2回目の家の出入りを見て、調査報告は終了した。

 

そこから調査料金の説明を受けた。すべて込み込みで53万円だった。

 

「いやぁ、相手の名前と住所は確認できませんでしたが、何度も福士さんの家で寝泊まりしてることや、車にチャイルドシートがないこと、あとは顔的にも恐らく独身でしょう。

 

これで弁護士に相談すると、まぁ調停や裁判でも充分に勝てると思いますが、追加で調査しなくても大丈夫ですか?」

 

さっきから軽く不倫相手への悪口が入ってて笑いをこらえつつ、後は妻に聞けば良いと思っていた私は、

 

「これで大丈夫です。ありがとうございました」

とお礼を申し上げた。田中(仮名)さんには本当に感謝している。田中(仮名)さんに依頼して本当に良かった。費用は高かったが、依頼してから気持ちがとても楽になった。

 

あとこれで午後弁護士に相談したら離婚…。あと一歩、あと一歩だ。

 

弁護士事務所の費用と慰謝料の相場

 

4月4日16時。

 

私は千葉から東京へ移動し、田中(仮名)さんに紹介してもらった弁護士事務所の個室に通されていた。

 

浮気調査から弁護士に依頼する際、依頼者が探偵事務所から弁護士事務所へスムーズに依頼できるよう、事務所間のつながりがよくあるようで、1人で調査をしていた時のように弁護士事務所に断られることなく、簡単に行けた。

 

それにしても探偵事務所の個室は一つひとつがコンパクトで、探偵と依頼者が安心して1対1で話せるようになっていたが、弁護士事務所は個室が広く、弁護士2人と依頼者1人が落ち着いて話せるような空間になっていた。

 

「どっちもそれぞれのニーズに合致しててすごいなぁ」

気持ちが落ち着いたためかなんて普通に感心していると、弁護士が2人個室に入ってきた。

 

「はじめまして福士さん。今回、田中(仮名)さんから連絡をいただきまして、担当することになりました鈴村(仮名)と申します。よろしくお願いします」

 

2人いたが、担当者は鈴村(仮名)さんという30代前半のシュッとした男性1人だった。

「仕事できそうな兄ちゃんやなぁ」

これが私が生で初めて見た弁護士の第一印象である。

 

もう1人は話しを一緒に聞くだけの様子で、あいさつ程度で終わる。(名前は忘れてしまった💧)

 

すると鈴村(仮名)さんが、

「早速ですが、先日、田中(仮名)さんから資料をいただきました。こちらで充分不倫の証拠になりますので、あとは本日私と弁護士依頼の契約をしていただくと…」

 

鈴村(仮名)さんが今後の段取りを説明し始めた。

 

離婚の申し出から成立までの段取り()内は役割

1.妻に不倫による離婚の申し出をする(福士)

 

2.妻に慰謝料や財産分与の支払いを請求する(弁護士)

 

3.離婚と金額に納得したら私の口座に支払う(妻)

 

4.離婚届を私、妻の順番で書く(互いに送り先は弁護士)

 

5.離婚届を役所に提出する(妻か弁護士)

 

6.離婚成立後、弁護士に成功報酬を支払う(福士)

 

「恐らく調停や裁判にいっても福士さんは離婚の意思が固そうですし、これだけ証拠があれば奥様に勝ち目がないため、これで終わると思われます」

 

…なるほど…。

 

ということは私がやることは、1.と4.と6.。

 

離婚の話しを切り出して、離婚届を書いて、お金を弁護士事務所に支払うだけだ。

 

「これは楽!」

肩の荷が一気に下りた気がした。

「説明は以上ですが、福士さんここまでで何かご不明な点はありますか?」

鈴村(仮名)さんが一通り説明した後、

質問がないか聞いてくれた。離婚の流れは理解できた。

 

ここで気になったのは、

「すいません…。今回のケースだと慰謝料って、…どれぐらいになりますか?」

慰謝料の相場がまったくわからない私は、恐る恐る鈴村(仮名)さんに訪ねた。

 

「そうですね。まず日本の慰謝料の相場は50万円から500万円の間になります。

 

不倫したけど離婚はしない。というケースだと50万円からになり、不倫して暴力をふるって仕事もせず生活費も払わない。なんていうケースになると500万円近くになります。

今回の福士さんのケースですと、私としては150万円から250万円で収まるのではと予想してます」

 

上限は250万円…。

「意外と安い…」

と思ってしまった。

 

今まで芸能界の離婚のニュースや新聞などで、慰謝料5,000万円だ1億円だという見出しを目にしていた。

 

まぁさすがにそこまでは期待していないが、250万円は安いような気がした。

 

「いや、テレビや新聞で報道しているのは、慰謝料と財産分与を含めた金額になりますね」

 

鈴村(仮名)さんはこんな無知な私にも丁寧に説明してくれた。

 

「では福士さんとしては、どれぐらいの慰謝料を希望されますか?

 

奥様がそこから減額交渉をしてくるかもしれませんので、必ずしも希望通りの額にはならないかもしれませんが…」

 

…逆に鈴村(仮名)さんに質問されてしまった。

 

うーん。いくらにしよう…。

 

私は相場を聞いた上で考えた。不倫は犯罪ではないが、妻には少しは罪の意識を持って欲しかった。恐らく減額交渉はしてくるだろうから相場より高めで吹っかけてみよう。

 

「300万円でお願いします」

「わかりました。では奥様には300万円でお話しをさせていただきます」

これで慰謝料は決まった。

 

あとは、

「すいません。今回の費用っていくらぐらいになりますか?」

鈴村(仮名)さんにはお金の話しばかりして恐縮だったが、なんせ人生で初めて弁護士に依頼するのだ。費用の相場もまったく想像がつかなかった。

 

「そうですね。まずはうちの事務所としては、契約成立後着手金として16万円になります。その後、慰謝料の成功報酬として慰謝料の10%。あとは手数料などで10万円ほどになります」

 

ほほう。なるほど…。

ということは慰謝料を300万円取ることができたら、合計56万円。探偵の費用が53万円だったので、あわせて109万円…。

 

た、高いぃぃ…。探偵の時から高額過ぎて私の金銭感覚がマヒしてしまった。でもそれで自分の平穏が取り戻せるなら…。

 

「わかりました。では契約させていただきます。よろしくお願いします」

 

もう完全に迷いがなくなった私は鈴村(仮名)さんに弁護を依頼した。あとは妻に離婚を切り出すタイミングだ。

 

「着手金の入金を確認できましたら福士さん宛にメールします。その後はいつ切り出していただいても大丈夫ですよ。

 

今後福士さんとの連絡はメールがメインになると思いますが、福士さんが納得して離婚していただけるよう、全力で対応させていただきます」

 

鈴村(仮名)さんが力強く答えてくれる。会って数時間だが、めちゃくちゃ頼りになった。

 

「わかりました。今日には振り込みますので、確認できましたらよろしくお願いします」

 

…契約が終わり、外に出るともう暗くなり始めていた。時刻は18時をまわっていた。

 

これで不倫の証拠と弁護士がついてくれた。鈴村(仮名)さんから連絡が入ったら、妻にはすぐに離婚を切り出そう。

 

次回、ついに最終回(ドラマか)。慰謝料は減額されるのかされないのか、離婚はどうなるのか、ハッキリします。

 

次回に続く

 

ではまた。

 

次回はコチラ
元サレ夫の独り言⑥

Contents1 ごあいさつ2 離婚の切り出し3 義理の親の暴言4 間男と直接対決5 離婚成立と収支6 あれから数年…。 ごあいさつ   こんにちは。   福士(@ryusuke ...

続きを見る

 

まとめはコチラ
【まとめ】元サレ夫の独り言

  こんにちは。   福士(@ryusukefukushi)です。   今回は妻の不倫が原因で私が離婚した時のお話しをまとめています。   今となれば完全に笑い ...

続きを見る


現在、将来の家族の介護に備えるための情報を公式LINEで発信しています。

 

もし、あなたの家族に介護が必要になった場合、どの介護サービスが適切か。などの診断を気軽にゲーム感覚でできますので、是非やってみてください。

 

▼無料プレゼントもあります▼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

福士

現役介護士兼介護ブロガーです。 資格は介護福祉士とケアマネジャーを持っています。 将来の家族の介護に備えるための情報を発信しています。

-自分について

© 2021 福士の介護BLOG Powered by AFFINGER5