地域の介護 家族の介護

介護離職の原因と対策

福士

現役介護士兼介護ブロガーです。 資格は介護福祉士とケアマネジャーを持っています。 将来の家族の介護に備えるための情報を発信しています。

ごあいさつ

 

こんにちは。

 

福士(@ryusukefukushi)です。

 

今日は「介護離職」についてお話しをさせていただきます。

 

▼家族の介護に役立つ情報発信してます▼

介護離職とは?

 

そもそも介護離職とは何かと言いますと、

 

家族の介護と仕事の両立が困難となって、家族の介護のために会社を辞めることです。

 

介護離職する年齢層は4〜50代の方が多く働き盛りで給料も上がり、これから会社の屋台骨を背負っていくところから急にいなくなってしまうため、辞める方にとっても会社にとっても大ダメージを受けます。

 

本当にもったいないと思います。社会的にも大損失ですよね。

 

政府も給付などの対策を講じていますが介護離職者がいっこうに減らないため、私たち国民にはいまいち浸透もしていないし金額的にも対策として不充分に思います。

 

何か対策はないのか

 

国全体の問題になりますので、無責任なことは言えませんが、要は『情報の一方通行』が問題だと思います。

 

国の政策が国民に浸透していないです。

 

情報は公開されていますが、国民側がその情報を拾いにいかないとわからないですし、内容もわかりづらい。

 

もっと動画とかを使ってみんなが理解できるように噛み砕いて説明しなくてはいけないと思います。

 

動画と言っても官にありがちな難しい原稿を読み上げるだけのお固い内容だとわかりにくいので、池上彰さんや中田敦彦さんみたいなわかりやすく説明してくれるとより良いですね。

 

私の妄想

 

あとここからは妄想になるし自己満足になりますが、介護サービスの手続きや利用までのプロセスを代行しやすいようになれば良いなぁと思います。

 

そうすれば介護サービスを利用するご本人も介護をするそのご家族も負担が減りますしね。

 

理想は「ココナラ」とかで出品できるぐらい手軽になればなぁと思いますね。

 

今は超高齢社会って言われていて自分の祖父母や両親など身近に介護はあるはずなのに、利用までの申請や介護サービス利用までの流れが少しわかりづらくて逆に遠く感じることにやきもきしてしまいます。

 

私のブログや公式LINEを通じて、これを読んでくださっている皆さまに少しでもわかりやすく広まっていけたらいいなぁと思います。

 

まとめ

 

 

・介護離職は辞める本人も辞められる会社もそして社会全体にもダメージが大きい

 

・国の政策や対策が国民に情報がもっとわかりやすく広がるようにして欲しい

 

・ブログと公式LINEがんばります!

 

 

となります。

 

介護離職が減ると景気も悪くならないですし、間接的に私たちの生活も楽になります。

 

また情報で困っているところにチャンスはあると思いますので、これからも発信し続けたいと思います。

 

ではまた。


現在、将来の家族の介護に備えるための情報を公式LINEで発信しています。

 

もし、あなたの家族に介護が必要になった場合、どの介護サービスが適切か。などの診断を気軽にゲーム感覚でできますので、是非やってみてください。

 

▼無料プレゼントもあります▼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

福士

現役介護士兼介護ブロガーです。 資格は介護福祉士とケアマネジャーを持っています。 将来の家族の介護に備えるための情報を発信しています。

-地域の介護, 家族の介護

© 2021 福士の介護BLOG Powered by AFFINGER5